⇒無料で「ゴミ屋敷とトイプードルと私」のシリーズを読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

ゴミ屋敷とトイプードルと私【港区会デビュー】6話のネタバレ

生贄の意味を知るサヤ

詩織たちはあざ笑いながら生贄の意味を説明する。
 
本来はサヤはそのパーティーに来る資格は無いのだという。
 
それは“港区に住んでいない”という意味ではなかった。
 
そこにいるサヤ以外の女性たちは
・モデル
・読者モデル
・ミスコン出身者
など、カーストトップにいる人ばかりだった。
 
もしくは有力者のコネを持っているかだった。
 
サヤのようにコネも顔もない女の使い道が“生贄”なのだという。
 
女性たちが男を楽しませるには、サヤのような“ヤらせる要因”が不可欠なのだという。
 
サヤは男たちには“港区公衆便所”と呼ばれていたことも知らされる。
 
サヤのパパ活の様子を裏アカを作って楽しんでいたのは詩織たちだった。
 
男たちがサヤで楽しんだ代わりに、詩織たちは来月モルディブに行けるのだという。
 

詩織の本音

サヤはなぜ自分を騙したのか詩織に問い詰める。
 
すると、詩織は女としての本音を話し出す。
 
サヤがコウと付き合っていたのが鼻についたのだという。
 
詩織は仕事ができるタイプで、朝から晩まで働いていた。
 
にもかかわらず、バカでヒマな(詩織にはそう見えていた)サヤがコウと幸せになるのが許せなかったのだという。
 
サヤの
“楽をしてのし上がろう”
という姿勢を詩織は見抜いており、それを利用したのだという。
 

港区の真実

詩織は港区会の真実を話し出す。
 
その会は楽しいが、やってくる男は皆既婚者の年上ばかりだという。
 
愛想よく話を聞いてあげれば楽しい想いはできるが、結婚相手は見つからないのだという。
 
詩織は
“楽しむだけ楽しんだら卒業するところ、港区会に未来なんてない”
と、堅実な婚約者のコウを捨ててやってきたサヤをあざ笑っていた。
 

中山を突き落とした真犯人は…

詩織がコウを狙っていたという話を聞いて、サヤはピンとくる。
 
サヤは中山を突き落としたのを詩織だと指摘すると、詩織は
“せっかく別れたと思ったらあんな女に…でもどう考えてもアンタの仕業としか思われない”
と高笑いする。
 
サヤは激怒して詩織につかみ掛かるが、ボーイたちに締め出される。
 

misakiの正体

サヤは店から締め出されて項垂れていた。
 
すると高級リムジンが近くに停車する。
 
中からキレイに着飾った若い女性が出てくる。
 
“こちらですmisakiさん”
という声を聞いて、サヤは顔を上げる。
 
misakiと呼ばれた女性は中山で、中山は
“あら、お疲れ様です。西村さん”
と軽くあいさつする。
 
サヤはmisakiの正体が中山だと知り、発狂したように叫びだす。
 
misakiの近くにいる女性たちはサヤをみて気味悪がっていた。
 
サヤは逆上しながら派遣をやっていた理由を尋ねる。
 
中山は来年には結婚して、父の会社を夫と継ぐのだという。
 
それまでにいろんな経験をするように父から言われたのだという。
 
今からフォロワーたちとの交流女子会に行くところだというと、サヤはへりくだって自分も参加したいと言い出す。
 

中山にすり寄ろうとするサヤ

サヤは必至に中山のご機嫌を取ろうとする。
 
中山は
“派遣をして良かった、あなたみたいな可哀想な人を知ることができた”
という。
 
中山はサヤの本質を見抜いていた。
 
サヤは見せかけの輝きに自分を見失ったということを指摘されて狼狽する。
 
中山はサヤを突き放して
“私と同じになるには、生まれ直さなきゃ無理よ”
と冷たく言い放つ。
 
 
⇒無料で「ゴミ屋敷とトイプードルと私」のシリーズを読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ゴミ屋敷とトイプードルと私」で検索です
 

ゴミ屋敷とトイプードルと私【港区会デビュー】6話の感想

詩織のキャラが強烈でした。
 
前の作品では出てこなかったのは、明日香の年齢が行き過ぎていたためかもしれません。
 
詩織と明日香の絡みも見て見たかったです。
 
詩織は極悪キャラとして描かれていますが、中山を突き落としたコトと裏アカを作ったこと以外はそこまで外道とは思いませんでした。
 
確かにサヤを騙してパパ活をさせていましたが、それは立派な成人女性であるサヤが選んだことです。
 
サヤは無理やりそういうことを強要されたわけではありません。
 
詩織がサヤを騙したのも“自分の身を大切にするため”です。
 
サヤのように自分の体を使って男の機嫌を取るような女より貞操観念は幾分かましな気がします。
 
詩織はここでフェードアウトするのはもったいなさそうなキャラなので、そのうち詩織が主人公の続編も出るかもしれませんね。
 
 
misakiの正体はやはり中山でした。
 
サヤのおべっか使いっぷりの表情がいい感じで気持ち悪く描けてとてもよかったです。
 
中山はサヤのおかげでそれはそれはいい社会勉強になったと思います。
 
本人も
“いい勉強になった”
といっているのは本心でしょう。
 
次で最終話ですが、サヤがどんなインパクトを残してくれるか見逃せませんね。
 
⇒無料で「ゴミ屋敷とトイプードルと私」のシリーズを読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!
 

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽

※「ゴミ屋敷とトイプードルと私」で検索です

無料で「ゴミ屋敷とトイプードルと私」のシリーズを読む方法

無料で「ゴミ屋敷とトイプードルと私」のシリーズを読む裏ワザ!

「試し読みじゃ物足りない…」
「コミックサイトは月額料金が…」
「ブックオフに置いてない…」
「スマホでこっそり読みたい…」
「本屋に行くのは面倒くさい…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はU-NEXTなら無料で「ゴミ屋敷とトイプードルと私」のシリーズを読むことができます。

U-NEXTは動画配信サービスで有名ですが漫画も沢山扱っています。

U-NEXTなら登録時に600ポイント貰えて、「ゴミ屋敷とトイプードルと私」のシリーズを600円分実質無料で読めます。

ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!

31日間無料トライアル実施中で無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。

600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単にできるので、この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!



【お得な利用方法】
600円分のポイントで「ゴミ屋敷とトイプードルと私」のシリーズを、無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。

※本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。